プレザージュのムーブメント

現在の時計にはセイコーが開発した世界初の技術や、独自の技術が多数採用されています。
プレザージュでは100年を超える時計づくりの伝統を継承し、そこに工夫やアイデアを加えて常に進化させ続けています。

  • 各モデルに採用されている技術はそれぞれ異なります。

 

機械式

  • ぜんまいを動力源として針を動かす機械式時計。電気を一切用いずに動く、時計の原点である駆動機構です。

TRIMATIC

「トライマチック」とは、機械式時計を日常で使いやすく、安定した精度で、長くご愛用いただくためにセイコーが独自開発した3つの技術です。革新と伝統に支えられた部品、素材、構造は、それぞれダイヤショック、マジックレバー、スプロン(Spron)と名づけられ、プレザージュの多くのモデルに採用されています。

ダイヤショック

「ダイヤショック」とは、耐衝撃性向上のためにセイコーが開発・製造した耐震構造です。機械式時計のムーブメントの中で、特に衝撃や震動に対しデリケートなてんぷ等の軸受けとして備えられ、急な衝撃を加えられても高い安定性を保つことができます。

マジックレバー

マジックレバーとは、巻き上げ効率を飛躍的に高めたセイコー独自の自動巻機構「マジックレバー方式」の基幹部品です。向きの異なる2つの爪を持つマジックレバーにより、不確定な回転運動を往復運動に変換し、更に一方向だけの回転運動に再変換します。腕の動きを動力源として、無駄なくぜんまいを巻き上げていきます。

スプロン

「スプロン(Spron)」とは「きれない/さびない/疲労しない」を目指して開発された、セイコー独自の合金素材です。長く愛用できる機械式時計を作り出すために、セイコーは半世紀以上前からぜんまいの開発と製造に取り組み、素材から改良を重ね続けて開発された独自素材の「スプロン(Spron)」を、動力ぜんまいとひげぜんまいに採用しています。

垂直クラッチ

正確な動作を誇るストップウオッチ機能

プレザージュが採用しているキャリバー8R48は、ストップウオッチの作動方式に、高級クロノグラフの証とも言える「コラムホイール」※と「垂直クラッチ」を採用。「垂直クラッチ」は、1969年にセイコーが世界で初めて開発した方式。スタート・ストップ時の針飛びが少なく、耐衝撃性に優れた動力伝達方式です。
また、複数の針をたったひとつのパーツでリセットする独自開発の「三叉ハンマー」を搭載するなど、正確な動作と優れた耐久性を実現しています。

  • 「コラムホイール」とは、ストップウォッチを制御する歯車です。

 

スプリングドライブ

スプリングドライブは、ぜんまい駆動と水晶振動子からの正確な信号で制御することで、従来にはない、日差1秒以内という高精度を実現したセイコー独自の駆動機構です。

トライシンクロレギュレーター

ぜんまいを動力源としている場合、そのぜんまいはほどける速度を調整しなければ、一気にほどけてしまいます。そのため、ほどける速度を一定に保つ仕掛けが必要となります。
スプリングドライブでは水晶振動子の電気信号を利用した独自の調速機構「トライシンクロレギュレーター」が、その制御の役割を果たしています。
ぜんまいのほどける力で発電した電力を用いて水晶振動子が正確な信号を発信、磁力がローターにブレーキをかけて調速することで、正確な秒針の動きを生み出しています。

日本の美意識を針の動きで表現

スプリングドライブの特徴のひとつが秒針の動きです。それは、音もなくダイヤルの上を流れるスイープ運針です。
安定した精度を実現する独自の調速機構「トライシンクロレギュレーター」が、この滑らかな針の動きを生み出しています。
日本の美意識を針の動きで表現できる唯一無二のムーブメントと言えます。


 

設計・組立・検査

100年を超える腕時計づくりの伝統を継承し、真摯に時計づくりと向き合い技術や技能を高めてきたセイコー。
ムーブメントの設計から開発、製造、組立、検査などを自社ですべて担う真の「マニュファクチュール」です。その厳格な検査では、防水やクロノグラフなどの機能、外観、精度、ごみ、けばの混入や針回し具合などを検査し、基準を満たしたものだけを厳選しています。