機械式時計のしくみ

機械式時計は、巻き上がったぜんまいがほどけようとする力で動きます。

ぜんまいの力を動力にして、てんぷの正確な振動により歯車をコントロールしながら針を動かします。てんぷに取り付けられたひげぜんまいが右回りと左回りを繰り返しながら同じ周期で往復回転運動を続けます。その往復回転運動をアンクル→がんぎ車へと伝え、針を動かしていきます。

ぜんまいのほどけようとする力がそのまま針に伝わると猛スピードで針を回転させてしまい、正しい時刻を刻むことができません。そこで「調速機構」を使って正しい時刻を刻むよう歯車の回転を調節します。