「好きなことを、
より一層頑張れたら
毎日良い1日になる」

MLB™選手

大谷 翔平

メジャー挑戦3年目となる2020年に立ちはだかった壁

今年に関して言えばやっぱりシーズンがあるかないかも分からなかったので、シーズン前ってやっぱそこに向かって熱くなるものがあると思うんですけど。どこの期間に調整して合わせればいいのかなっていうのが難しかったかなとは思いますね。

(コロナの影響で)最初の2週間くらいは本当にまったく外に出れず。ペットボトルに水を入れた物で重りをつけてトレーニングしたりとか、なかなかできる練習が限られていたなっていうのがあるかなとは思います。

メジャー4年目となる2021年の挑戦

まずはやっぱり1年間健康に、100%自分が出し切れたと思える体調で1試合1試合やっていく。毎年キャリアハイの数字を目指してフルでしっかりと投げることが数字的な目標ですし、バッターとしては22本が(これまでで)1番多い数字なので、そこを越えていけたらいい年になるんじゃないかなと思います。

2021年の挑戦を実現するために

やっぱり練習するしかないので、もっともっと楽にプレーできるように毎年毎年、工夫はしてますね。(打者と投手の)2つやることにはマニュアルがないので、どうやったら効率よく1年間プレーできるかなっていうのを毎年工夫はしてますね。

Keep Going Forwardする原動力

僕は単純にやりたいことをやってるだけですし、小さい頃から野球が好きで頑張ってきて。ピッチャーとバッター、両方やるっていうのも自分がやりたくてやっているので。自分がやりたいことに対して頑張れるのは普通のことじゃないかなと思うので、好きなことを、より一層頑張れたら毎日良い1日になるんじゃないかなと思っています。