「挑戦するほうが、
失敗しても楽しい」

MLBTM選手

大谷 翔平

Interview Movie

写真:大谷選手

あらためて、二刀流への想い

プロ野球なめてんの?」とか色々言われましたけど、自分なりの色を出したいなっていう気持ちで(プロ野球に)入ってきたので。応援してくれてる人もいましたし、純粋に僕がやりたいなと思ったので、やってよかったなとは思ってます。

正直僕は、プロにいくんだったら、自分はピッチャーじゃないかなとずっと思ってやってきたので、日本ハムがそういう(二刀流の)提案をしてくれて、環境を整えてくれて、周りの人の支えもありましたし、そこに自分が求められてるなという気持ちで、自分の色を出すならそういうとこじゃないかなと思ったので、やってみようかなと思いました。

でも、自分には無理だろうなって思ったことはないので、いけるだろうなっていう風にずっと思ってましたし、野球始めた時からプロ野球に入るまでもそうだったので、そこに何の疑いもなかったです。

写真:大谷選手

挑戦を続けられる原動力

試合にもちろん、勝てば楽しいですし、負けたら悔しいですけどね。打たれるかもしれないとか考えたりすると、やっぱり怖くなる時もありますけど、成功した時よりも出来なかった時の方が、もっと頑張らないとなという気持ちにはなるかなと思います。

写真:大谷選手
写真:大谷選手

来年(2020年シーズン)の目標

来年(2020年シーズン)はしっかりと復帰することと、やっぱり投げないと分からないし、打席に立たないと良いか悪いかも分からないので、そうやって継続的にまずは試合に出ていくっていうところが大事かなとは思います。今はやっぱりワールドシリーズで勝ちたいなという、それが1番の目標かなと思います。

写真:大谷選手

大谷翔平の「Keep Going Forward」

進み続けていくとか、諦めなかったりというのは、ホントに大事だと思いますし、悔しいなって思う事はありますけど、常に進み続けて行く、変化し続けて行くっていうのはホントに大事じゃないかなと思いますね。

挑戦を続ける全ての人へ

自分がやりたいって思った事に一生懸命になれるんじゃないかな。挑戦する方が、失敗したとしても、ホントに楽しいことじゃないかなと思います。

写真:大谷選手

この記事は2019年11月にインタビューされたものです。

Other Interview

Instagram