Seiko Presage Prestige line
有田焼ダイヤル 限定モデル

有田焼は日本初の磁器として1616年に生まれました。それ以来、有田焼の職人技は400年にわたり受け継がれ、その独自の芸術性は多くの人を魅了しています。そんな歴史ある有田焼の磁器をダイヤルに採用した数量限定モデルが登場。
100年を超える腕時計づくりの伝統を継承するセイコー プレザージュの機械式ムーブメントと、磁器特有の艶やかな美しさが長く愛されてきた有田焼のダイヤルが響き合い、腕元を優美に彩ります。
 

セイコー独自の有田焼ダイヤルは、ダイヤル本体を特別な技法で立体的に造形し、釉薬で表面を艶やかに仕上げています。この技法によって磁器特有の立体感と艶やかで豊かな表情を見せるダイヤルを実現しました。

今回の限定モデルでは、有田焼の多彩な色使いに着目し、味わい深い「淡瑠璃染」(うするりぞめ)を再現した特別仕様のダイヤルを搭載。
瑠璃染は有田焼を代表する「染付鷺文三足皿」などに用いられ、淡く柔らかな色使いと立体感が織りなす色の濃淡が、腕元を美しく彩ります。

印象的な色彩と立体的な形状を叶える有田焼ダイヤルは、190年以上続く老舗、「しん窯」に所属する陶工 橋口博之(はしぐち ひろゆき)氏監修のもと製作されています。
 

有田焼 陶工
橋口 博之 氏

1983年に「しん窯」入社後、丁寧で精緻な技と洗練された染付を習得し、九州山口陶磁展 通産大臣賞受賞をはじめとする数々の賞を受賞しました。1996 年に伊万里・有田焼下絵付伝統工芸士に認定されました。その後「しん窯」の「青花」を発展させたブランド「青花 匠」を立ち上げ、より洗練されたデザインと絵付けの技術が、高い評価を受けています。

数量限定の証として、裏ぶたにはLimited Editionの文字と0001/2000〜2000/2000のシリアルナンバーが記されています。

※実際の製品では、製造上の理由により、裏ぶたの向きが異なる場合があります。

Seiko Presage Prestige line
Arita Porcelain Dial Limited Edition

SARW061
[キャリバー6R27搭載]

220,000円(税込)

世界限定 2,000本
(うち国内400本)

裏ぶたシリアルナンバー入り
2022年1月14日 発売予定

※この製品はセイコーグローバルブランドコアショップ専用モデルです。

販売店を探す

セイコーの直営店であるブティックをはじめ、ウオッチサロンなど主要正規販売店をご紹介します。 定番から最新モデル、さらには限定モデルなど、幅広い品揃えと豊富な知識でセイコーの世界をご堪能いただけます。

ブティック・ストア