SBEC007

 セイコーウオッチ株式会社(代表取締役社長:内藤 昭男、本社:東京都中央区)は、<セイコー プロスペックス>から、セイコーが約50年にわたって培ってきた「正確な時を計る」技術と情熱を体現する新コレクション「SPEEDTIMER」を発売します。希望小売価格は、メカニカルが330,000円~352,000円(税込)、ソーラーが74,800円(税込)で、ともに11月6日(土)発売予定です。

 確実・正確に時を計り、0.1秒、0.01秒に挑むアスリートたちを支え続けてきたセイコーにとって、1960年代は計時技術を大きく飛躍させた重要な時期でした。
 1964年に東京で開催された国際的なスポーツ競技大会において、スタート・ストップ機構に「ハートカム」を搭載したストップウオッチを導入し、それまで不可能とされていた0.01秒単位の高精度な計時を実現しました。大会に向けた機器の開発を開始した1961年頃、セイコーは月産6,000個前後のストップウオッチを生産していましたが、スポーツの計時用途に耐え得るものはありませんでした。当時、誤差が生じるのは仕方ないと考えられていたストップウオッチにあって、わずか3年間でそれを覆す開発を行い、イベントの成功に大きく貢献しました。

1964年、スポーツ競技大会の公式計時で使用されたストップウオッチ

 同じく1964年には、ストップウオッチ機能を腕時計に組み込み、国産初のクロノグラフ「クラウン クロノグラフ」を発売します。そして5年後の1969年、垂直クラッチを搭載した世界初の自動巻きクロノグラフ「1969 スピードタイマー」を発売しました。垂直クラッチを採用することにより、スタート・ストップ時の指針ずれや針飛びを抑制し、耐衝撃性も向上するなど非常に優れた計時精度を実現しました。

1969 スピードタイマー

 1960年代からの開発の歴史を象徴する、セイコークロノグラフのマイルストーン「SPEEDTIMER」の名を受け継ぐ新たなコレクションが満を持して登場します。
 新生「SPEEDTIMER」は、セイコーが長年にわたって培ってきた、計時機器に求められる高い実用性を追求したデザイン哲学に基づいたコレクションです。時間を正確に読み取るための視認性や判読性を備え、スポーツシーンに限らず、あらゆるシーンで正確に一瞬一瞬を記録します。

商品特徴

1964 ストップウオッチの設計思想と意匠を腕時計に昇華させた限定モデル

 本作は、本格的な計時機器の開発のスタートとなった1964年のストップウオッチの設計思想やデザインを色濃く受け継ぐ、新生“SPEEDTIMER”のデビューを象徴する数量限定モデルです。
 クロノグラフ秒針は、ダイヤル外周のタキメーター目盛りまで届く長さを確保し、先端をダイヤル側に曲げることで目盛りとの距離を限界まで近づけ、判読性を極限まで追求しました。また、当時のストップウオッチに範をとり、プッシュボタンは押しやすく、りゅうずは引き出しやすい形状を追求することで、クロノグラフの重要な要素である優れた操作性も兼ね備えています。
 新たに開発したメタルブレスレットは、適度な厚みと重量感により、重心を下げたケースの安定感と相まって高い装着性を実現しています。

 シースルーバックの裏からは、新たなメカニカルクロノグラフムーブメント「キャリバー8R46」が顔を覗かせます。この新ムーブメントには、垂直クラッチに加え、確実な操作感や安定した動作を実現するコラムホイールなど「1969 スピードタイマー」から脈々と息づいている技術が、更に進化を遂げて搭載されています。また、3本のアームが一体となったセイコー独自形状の三叉ハンマーは、クロノグラフ針の瞬時帰零を確実に行い、耐久性やメンテナンス性にも優れたセイコーの独自技術です。

 付属するオフホワイトのワンポイントステッチ入りカーフストラップにも、本格スポーツウオッチならではの思想が盛り込まれています。ストラップ裏側の縫目を隠す「コンシール加工」を採用したことで、汗や皮脂による革素材の劣化を防ぎ、耐久性を高めました。

国産初のクロノグラフからインスピレーションを得たネオクラシックな装いのレギュラーモデル

 限定モデルと同じムーブメントやブレスレットを搭載しながら、ネオクラシックな印象を醸し出すレギュラーモデルが同時に登場します。
 シャープな形状の時分針、インデックスやチャコールグレー色のダイヤルに加え、ストップウオッチ機能の操作に用いるハンマー型のプッシュボタンは、1964年に国産初のクロノグラフとして登場した「クラウンクロノグラフ」からインスピレーションを得ています。約50年前に誕生し、現在も多くのセイコーファンに愛されるモデルから受け継いだデザインは、時分針およびインデックスの外周に施されたヴィンテージ調のルミブライトとも相まって、クラシカルかつモダンな印象を醸し出しています。

1969 スピードタイマーの造形を色濃く継承したコンパクトでスポーティーなソーラークロノグラフ

 メカニカルモデル同様、ストップウオッチ機能を有するソーラークロノグラフムーブメント「キャリバーV192」を搭載したモデルが4種類のカラーバリエーションで登場します。
 1969 スピードタイマーの特徴的な造形を継承したコンパクトな39mmケースに、カーブサファイアガラスを組み合わせ、クラシカルかつスポーティーなデザインに仕上げています。緻密なヘアラインとミラーポリッシュ面の仕上げ分けが施されたケースとブレスレットを採用することで、腕元で確かな存在感を放ちます。
 ダイヤルには、光の反射を抑える砂目調のパターンを施すことで、本格スポーツウオッチならではの高い視認性も兼ね備えています。

商品仕様

<セイコー プロスペックス>
SPEEDTIMER メカニカルクロノグラフ Limited Edition(SBEC007)
SPEEDTIMER メカニカルクロノグラフ(SBEC009)

品番

SBEC007

SBEC009

希望小売価格(税込)

352,000円

330,000円

ケース・バンド

ステンレススチール(ダイヤシールド(※1))
※付け替え用のカーフストラップつき

ステンレススチール(ダイヤシールド(※1))

ガラス

デュアルカーブサファイアガラス(内面無反射コーティング)

防水性能

日常生活用強化防水(10気圧)

ケースサイズ

[外径]42.5mm(りゅうず含まず)
[厚さ]15.1mm

限定数量

世界限定:1,000本


発売予定日

11月6日(土)

【ムーブメント仕様】
メカニカルクロノグラフムーブメント キャリバー8R46
巻上方式:自動巻
時間精度:平均日差+25秒~-15秒
(気温5℃~35℃において腕に着けた場合)
パワーリザーブ:約45時間
石数:34石
振動数:28,800振動/時(8振動/秒)
主な付加機能 ・ストップウオッチ機能(30分計)

(※1)ダイヤシールド
日常使いの擦り傷や小傷から、時計本来の美しい輝きやきれいな仕上げを守るため、セイコーが独自に開発した表面加工技術です。

<セイコー プロスペックス>
SPEEDTIMER ソーラークロノグラフ

品番

SBDL085

SBDL087

SBDL089

SBDL091

希望小売価格(税込)

74,800円

ケース・バンド

ステンレススチール

ガラス

カーブサファイアガラス(内面無反射コーティング)

防水性能

日常生活用強化防水(10気圧)

ケースサイズ

[外径]39.0mm(りゅうず含まず)
[厚さ]13.3mm

発売予定日

11月6日(土)

【ムーブメント仕様】
ソーラークロノグラフムーブメント キャリバーV192
時間精度:平均月差±15秒(気温5℃~35℃において腕につけた場合)
主な付加機能 ・ストップウオッチ機能(1/5秒計測 60分計)

お客様からのお問い合わせ先
セイコーウオッチ(株)お客様相談室 0120-061-012(通話料無料)

セイコーウオッチ(株)の公式Webサイトアドレス
www.seikowatches.com

<セイコー プロスペックス> SPEEDTIMER特設サイト
www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex/special/speedtimer/

Share
  • Facebook
  • Twitter