• ホーム
  • ニュース
  • 2017.04.04 Press Release シェアツイート 世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>より「ジウジアーロ・デザイン」を体現する先進のクロノグラフを数量限定で発売

2017.04.04 Press Release シェアツイート 世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>より「ジウジアーロ・デザイン」を体現する先進のクロノグラフを数量限定で発売

SBXB121

 セイコーウオッチ株式会社(代表取締役会長 兼 CEO:服部 真二、本社:東京都中央区)は、世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>より、カー&インダストリアルデザイン界を牽引する「ジウジアーロ・デザイン(※1)」を体現する先進のGPSソーラー クロノグラフを数量限定で、5月26日(金)から全国で発売いたします。希望小売価格は300,000円+税、販売数量は限定3,000本です。

 <セイコー アストロン>は、1969年にセイコーが世界に先駆けて発売した、クオーツウオッチ<クオーツ アストロン>から命名されています。高い時間精度で世界の人々のライフスタイルを一変させた「クオーツ革命」に継ぐ、時計史の「第二の革命」を起こすべく、2012年9月に誕生した世界初のGPSソーラーウオッチです。地球上のどこにいてもGPS衛星からの電波を受信して、緯度・経度・高度を特定し、すばやく現在地の正確な時刻を表示します。定期的な電池交換の必要がないソーラー充電機能に加えて、セイコー独自の「リングアンテナ(※2)」と自動時刻修正機能「スマートセンサー(※3)」の組み合わせにより、ユーザーはストレスなく正確な時間を得ることが出来ます。

「ジウジアーロ・デザイン」を体現する先進のクロノグラフ
世界初のアナログクオーツクロノグラフへのオマージュ

左)ジウジアーロ・デザインによるスケッチ/右上)1983年 世界初のアナログクオーツクロノグラフ
右下)ロゴとシリアルナンバーが表記された裏ぶた

  • セイコーとカー&インダストリアルデザイン界を牽引する「ジウジアーロ・デザイン」が1983年に共同開発した世界初のアナログクオーツクロノグラフへのオマージュを込めた先進のGPSソーラー クロノグラフです。
  • ドライビング中のストップウオッチの操作性を向上させる目的から、ケースとバンドの中心をオフセットしたオリジナルのコンセプトは踏襲しつつ、スポーツカーを思わせる流麗なフォルムに仕上げています。
  • オリジナリティ溢れる時分針と秒目盛、2ピース構造の立体的なダイアルリングなど、ジウジアーロ・デザインのエッセンスが隅々まで盛り込まれています。
  • オリジナルを想起させるブラック×レッドの中にイタリアンカラーをさりげなく散りばめたデザインはジウジアーロ・デザインならではの魅力です。
  • ジウジアーロ・デザインのコンセプトカーのホイールをデザインした裏ぶたには、ロゴとシリアルナンバー(0001/3000~3000/3000)を表記し、稀少性を高めています。

商品仕様

<セイコー アストロン> ジウジアーロ・デザイン 2017限定モデル

品番SBXB121
希望小売価格
300,000円+税
ケース
チタン(スーパー ブラックダイヤシールド(※4))
+一部セラミックス
ブレスレットチタン(スーパー ブラックダイヤシールド)
ダイヤル
ブラック
販売数量
3,000本
発売予定日
5月26日(金)
  • ガラス材質:サファイアガラス(スーパークリア コーティング(※5))
  • ベゼル材質:セラミックス
  • 防水性能:日常生活用強化防水(10気圧防水)
  • 耐磁性能:耐磁時計(JIS耐磁時計1種)
  • ケースサイズ:[外径]46.3mm(りゅうず・突起部含まず)[厚さ]13.3mm
  • アフターサービス:メーカー保証 保証期間1年間

【ムーブメント仕様】

GPSソーラームーブメント キャリバー8X82

  • 時間精度:平均月差±15秒(受信できない状態で、気温5℃~35℃において腕に着けた場合)
  • 受信機能
    :GPS衛星電波受信によるタイムゾーン修正機能(※6)
    :スマートセンサー(自動時刻修正機能)
    :強制時刻修正機能
    :捕捉衛星数表示機能
    :受信結果表示機能
    :受信オフ機能(機内モード)
  • その他機能
    :針位置自動修正機能
    :ソーラー充電機能
    :パワーセーブ機能
    :パワーリザーブ表示機能
    :クロノグラフ機能(1/5秒計測、6時間計)
    :パーペチュアルカレンダー(2100年2月28日まで)
    :ワールドタイム機能(40タイムゾーンに対応)
    :DST(サマータイム)機能

(※1)ジウジアーロ・デザイン
1981年、ジョルジェット・ジウジアーロ氏によって設立された「ジウジアーロ・デザイン」は、70年代に世界中の自動車メーカーの新型車製造に関わる様々なサポートを行っていた「イタルデザイン」を基に発足。ハイレベルなビジネスとデザインのプロフェッショナル集団と共に、常にユーザーの視点に立った機能性の高いデザインを提供し続けることで、国際的なマーケットトレンドに順応し、絶えず成長を遂げてきました。また、設立から40年以上の経験を持ち、大中小さまざまな企業と協業してきたことによって、車だけでなく幅広い製品を作り上げる高いノウハウを保持し、今もなおカー&インダストリアルデザイン業界を世界的に牽引し続けている存在です。

(※2)リングアンテナ
セイコー独自の高感度アンテナ。リング形状のアンテナがベゼル下に格納されているため、どんな姿勢でも、また歩きながらでも受信し易いという特徴があります。スマートセンサーとの組み合わせで、抜群の受信性能を発揮します。

(※3)スマートセンサー
セイコー独自の自動時刻修正機能。ダイヤルに太陽光が当たると5秒以内に自動で受信を開始します(一日一回)。また、袖口などに隠れて太陽光を感知できなくても、前回強制受信に成功した時刻を記憶していて、その時刻に自動受信を開始。ユーザーが気づかぬうちにいつでも正確な時刻になっている画期的な機能です。

(※4)スーパーブラック ダイヤシールド
従来の硬質コーティングと比べ約1.5倍、セイコー独自の表面加工技術「ダイヤシールド(※5)」と比べても約1.2倍の実用硬度(処理膜と素地を含めた硬度)を備え、傷つきにくいのが特徴です。また、剥脱にも強く、色むらのない漆黒の輝きを実現しています。

(※5)スーパークリア コーティング
光の反射を99%以上抑制する透明被膜を、ガラスの表裏両面に施したセイコー独自の無反射コーティング処理です。太陽光や照明がまぶしい環境下でも、ガラスの存在を意識させません。また、表面の防汚膜により汚れがついても簡単に拭き取ることができます。

(※6)掲載商品に内蔵されているタイムゾーンのデータは、弊社ウェブサイトにてご確認ください。
www.seiko-watch.co.jp/gpstimezonedatainfo/)。タイムゾーンが変更となった場合には反映されません。

セイコーウオッチ(株)の公式Webサイトアドレス
www.seiko-watch.co.jp
<セイコー アストロン>の公式Webサイトアドレス
www.seiko-watch.co.jp/astron
Share
  • Facebook
  • Twitter