時計にはほこり・湿気・高温が大敵です。保管場所は常温(人が冷暖房なしで生活できる温度が目安)で、ほこり、湿気の少ない所をお選びください。
長期間時計をはずしておくときは、風通しの良い場所で保管することをおすすめします。

  • 直射日光が当たるところ、高温/低温になるところに長時間置くと進みや遅れの原因となります。
  • 時計は磁気の影響を受けます。テレビ、スピーカーなどがあるところに放置せず、バッグ、タブレットカバー、スマホカバーの留め具から離して置いてください。
  • 強い振動のあるところに放置すると、とくに機械式時計は進みや遅れの原因となります。
  • 薬品の蒸気が発散しているところや薬品にふれるところに放置すると時計の劣化の原因となります。(薬品例:ベンジン、シンナー、マニキュア、化粧品、トイレ用洗剤、接着剤など)
  • 温泉や、防虫剤の入った引き出しなど特殊な環境に放置すると時計の劣化の原因となります。