磁気の影響

磁気の影響を受けると、時計は遅れたり進んだり、ときには止まったりします。
時計は駆動方式により、下表のような磁気による現象をおこす場合があります。

駆動方式

磁気による現象

影響を受ける部品

対処法

直流磁気

交流磁気

アナログ
クオーツ時計

止まり

針がぐるぐる回る

ステップモーター

磁気から遠ざけ、時刻合わせを行う

スプリングドライブ

遅れ

進み

磁気ブレーキ

メカニカル
(機械式時計)

進み・遅れ

進み・遅れ

てんぷのひげぜんまい

精度が戻らない場合は脱磁と内装修理が必要

デジタル
クオーツ時計

無し

無し

磁気の影響を受ける部品がない

-

※アナログクオーツ時計やスプリングドライブは極めて稀な例として、非常に強い磁気の影響で番車(時計内部の部品)どうしが吸い付き、歯車の動きが鈍くなったり回転しなくなったりして、止まりにつながることがあります。この場合は脱磁が必要ですので、修理にお出しください。

※方位計測機能つき製品は、製品自体が磁気を帯びますと方位精度に影響を与え、正しい方位を計測できなくなる場合があります。この場合は、取扱説明書を参照のうえ磁気キャリブレーション操作をおこなってください。

身の回りには磁気を発生する製品がたくさんありますが、5~10cm以上時計を離すことで、ほとんど影響を受けなくなります。

耐磁時計

磁気の影響に耐えられる性能を備えた時計を「耐磁時計」といい、JIS規格において耐磁性保証水準は以下の通りです。

時計と方位磁石

時計の外装、バンド、中留などで使われているステンレススチールには、非磁性(磁石につかない性質)のものと磁性(磁石につく性質)のものがあります。非磁性のステンレススチールでも、プレス等の高圧加工や切削加工等を繰り返すと組成が変わり、ごく微量の磁気を帯びることがあります。この場合、方位磁石を近づけると方位磁石の針が振れることがあります。
方位磁石は非常に微弱な地球の磁気に反応するため、方位磁石は磁気帯びの検査ツールとしては適していません。磁気の検査は専用の測定器による測定が必要です。