「ダイヤシールド」とは、日常使いの擦り傷、小傷から時計本来の美しい輝きや、きれいな仕上げを守るために、セイコーが独自に開発した表面加工技術です。


擦り傷、小傷から時計を守る

ダイヤシールド加工前と加工後のステンレススチールに、サンドブラストを吹き付ける強度試験での耐擦傷効果比較。

耐擦傷性に優れた表面加工技術が、日常使いの擦り傷、小傷から時計を守ります。

美しさを持続

ステンレスの約2倍の表面硬度(Hv350〜400)
実用表面硬度:ビッカース硬さ試験において測定時の荷重を100gfとした場合の硬度を表示しています。(gf:荷重単位)

ステンレスの約2倍の実用表面硬度により、時計本来の美しい輝きを守ります。

  • 硬いものに擦りつけたり、強い衝撃を加えると、キズや打痕がつく場合がありますので、ご注意ください。
  • ダイヤシールドの商品にも、一部にダイヤシールドを施していない場合があります。

カラーバリエーション

「ダイヤシールド」と同等の硬度を備えた、「プラチナダイヤシールド」「ローズゴールドダイヤシールド」でカラーバリエーションが広がります。

プラチナダイヤシールド
プラチナ配合のダイヤシールド。より明るく美しい輝きを放ちます。

ローズゴールドダイヤシールド
ローズゴールドカラーのダイヤシールド。質感高く美しい輝きを湛えます。

スーパーブラックダイヤシールド
「スーパー ブラックダイヤシールド」は、従来の硬質コーティングと比べ約1.5倍、セイコー独自の表面加工技術「ダイヤシールド」と比べても約1.2倍の硬度を備え、傷つきにくいのが特徴です。また剥脱にも強く、色むらのない漆黒の輝きを実現しています。