修理についてのご注意

修理についてのご注意|故障診断よくあるご質問


修理の際、機械体を交換したり、各部品で外観の異なる代替部品を使用する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

補修用性能部品の保有について

補修用性能部品の保有期間は通常7年、クレドール、グランドセイコー、ガランテは通常10年を基準としています。補修用性能部品とは、時計の機能を維持するために必要な修理用部品です。

  • クレドール、グランドセイコー、ガランテはさらに長い期間、修理対応できるように体制を整えています。ただし、ムーブメント・ケース・文字板・針・ガラス・りゅうず・ボタン・バンドなどに外観の異なる代替部品を使用させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

古い時計も修理してもらえる?

古い時計の場合、ほとんど補修用性能部品が残っておりません。そのため、修理の可否につきましては、実際に時計を拝見して判断させていただいております。ただし、部品がなく修理が不可能と想定される機種は、修理受付をお断りしています。

また、製品出荷時の精度を回復できない場合、防水性が保持できない場合もあります。このような点について、あらかじめご了承いただいた上で、修理を承っております。

海外モデルの修理について

海外で購入した際、現地で発行された正規の海外保証書(ワールド・ワイド・ギャランティ)の付いている製品については、保証期間内であれば保証の規定に添って、日本国内でアフターサービスが受けられます。

その際はセイコーウオッチお客様相談窓口へご依頼ください。
なお、当社の正規保証書がない並行輸入品のアフターサービスについては、お買い上げ店にご相談ください。

修理後の不具合について

修理の保証期間は1年間です。

ただし、「同一箇所の同一故障」の場合の保証であり、それ以外の原因による修理は有料となります。