Features Features of the Wathes

Features01

1973年に発売した世界初の6桁表示デジタルウオッチの数字フォントを再現したソーラーデジタルムーブメントを融合した新感覚のフィールドウオッチです。


Heritage of Seiko

1970代初頭、LEDの開発によって、時刻をデジタル表示する腕時計が出始めましたが、セイコーは、LED表示よりも省電力で視認性に優れ、多機能表示に適した「LCD(Liquid Crystal Display 液晶ディスプレィ)」の開発にいち早く着手しました。そして、1973年、LCD表示によって世界で初めて時・分・秒の6桁表示を実現したデジタルウオッチを商品化しました。その後、LED表示に替わって、LCD表示のデジタルウオッチが市場の需要に合致し、セイコーが開発したデジタルウォッチの6桁表示が世界標準となっていきました。

Features02

1975年に誕生し、高い信頼性とユニークなルックスから、セイコーダイバーズの代名詞となった外胴プロテクターつきモデルを、タウンユース向けにコンパクトにアレンジしています。


Heritage of Seiko

「深海の黒い顔」の異名を取り、黒色イオンプレーティング処理を施したチタン製プロテクターを二重構造のケースの外側部分に用い、世界最高峰の水密性、気密性、そして耐食性や耐擦傷性などの耐久性能が盛り込まれた画期的なモデル。ケースのみならず、水中での装着性に配慮した蛇腹式プリウレタンストラップなど、外装のみで20件の特許を有する。

Features03

世界44都市の時刻と現在地時刻を同時に表示可能なデュアルタイム機能

移動中の利便性を高めるとともに、ワールドワイドに移動を楽しむアクティブなライフスタイルをサポートします。

Features04

タフなスペック

耐衝撃性を高める独自の外胴プロテクター構造を採用した20気圧防水ケースを備えています。またケースの左側にプッシュボタンの大半を配することで、着用時の誤操作を防止しつつ、手首の動きを妨げないように配慮しています。

Features05

回転ベゼル

デジタルウオッチながら、ダイヤル外周部分に1時間で一周する分表示も搭載。この表示とベゼルに配した目盛りを合わせて経過時間を読みとることができます。

Features06

タップ式バックライト機能

搭載しているソーラーデジタルキャリバー S802には、時計正面(ガラス)を軽くたたくことにより、ELライトが点灯するタップ方式のバックライト機能があります。これにより暗闇でも直感的な操作で時刻を知ることが可能です。

Line up