アストロン史上最高性能
3X/5Xモデル

世界初のGPS ソーラーウオッチ※は、次のステージへ

  • 2012 年9 月、世界で初めてGPS ソーラーウオッチを発売。

Technology

Advanced technology

機能説明動画

  • 3Xシリーズにはタイムトランスファー機能は装備されていません

新設計モジュールと圧倒的な運針スピード
「高速タイムゾーン修正機能」

受信性能に関わる全ての部材を新開発。
3軸独立運針(時・分・秒針独立モーター)と高速モーターにより、時刻修正時の運針速度が劇的に向上。※

  • 東京→NY(時差14時間)での運針速度の比較
    8Xシリーズ:34秒 5Xシリーズ:3秒

ホーム、ローカルタイムの切り替えが瞬時に可能
「タイムトランスファー機能」 (5Xモデルのみ)

メインの時・分針と6時位置の小時計+24時針でホームとローカルタイムを同時に表示。 さらに、ワンプッシュ( 2時と4時位置のボタンの同時長押し)により、ホームとローカルタイムを簡単に切り替え。

究極のケアフリー
「スーパースマートセンサー(自動時刻修正)」

GPS衛星からの自動時刻受信を1日に最大2回実行するアストロンだけの機能。
毎日、外出時などに、ダイヤルに太陽光が当たると自動で受信タイミングを調整し、GPS衛星電波受信を開始。 受信した時刻情報に対しわずかでもズレがあれば、その都度正確な時刻へ修正します。
もし受信に失敗したり、時計が袖口などに隠れて太陽光を感知できなくても、前回強制受信に成功した時刻を記憶していて、同時刻に自動で時刻受信を開始します。
世界中のどこにいても気づいた時には何よりも高精度な時を刻んでいる、そんな究極のケアフリーを、セイコー独自の省電力技術で実現しています。

ケアフリーのソーラー充電 + 無駄な電池の消耗を省く「パワーセーブ機能」

一般的には電力を消費するGPS受信を毎日行うアストロン。 超省電力設計だから実現した電池交換や充電の必要のないソーラー充電方式が採用されています。
一度フル充電すれば約6ヶ月間動き続けますが、光が当たらない状態が72時間以上続いた場合は、パワーセーブ機能(節電機能)が働いて、針が止まるとともに自動時刻受信が停止して、最大2年間時刻情報を維持。
5秒以上光をあてたりボタンを押すことで、瞬時に針が現在時刻に戻り、正常駆動に戻ります。(一定以上充電不足になった場合は充電されるまで正常駆動に戻りません。) 

準天頂衛星みちびき4機体制に対応

018年11月運用開始の準天頂衛星みちびき4機体制への対応により、日本国内における自動時刻修正時の成功確率が更にアップしています。

Design

圧倒的なコンパクトサイズ

ケース径42.9mm、厚さ12.2mmで、世界最小最薄※の
GPSソーラーウオッチが誕生。

  • 2018年8月1日時点、当社調べ。

新開発の簡易アジャストバックル 
「SMART ADJUSTER」(5Xモデルのみ)

季節による気温の変動や体調の変化時に、ワンプッシュでバンドの腕回り調整ができる新機構「SMART ADJUSTER」を採用。

簡易着脱式ストラップ (3Xレディスコレクション)

専用の工具が必要なく、レバーひとつで付け替えが可能。

  • 簡易着脱式ストラップでない仕様のモデルもあります。