GBBY985

 セイコーウオッチ株式会社(代表取締役会長兼CEO:服部 真二、本社:東京都中央区)は、高級ウオッチブランド<クレドール>の、都会的でエレガントな人気シリーズ「Linealx(リネアルクス)」より、「日本の水紀行」をデザインテーマに伊万里鍋島焼のダイヤルを採用した限定モデルを、7月10日(金)よりクレドールショップにて発売いたします。希望小売価格は4,950,000円(税込)(税抜 4,500,000円)で、販売数量は10本です。

 日本は世界的に見ても珍しく海と山が近い風土を持ち、大陸とは異なり川の風景は、源流から河口まで様々な表情に変化します。
上流の急峻な山々から湧き出た水は勢いよく駆け下り、渓谷の中では時として「水暖簾(みずのれん)」と呼ばれる美しく広がった滝となります。中流では、山から平野部に出てきた水が「せせらぎ」となり、穏やかに、場所によっては荒々しくもある表情を見せます。下流になると、川幅が広がり日の光を受けた「流水」は美しく光り、長閑な風情を漂わせます。
 本作は、そのような豊かな表情を持つ「日本の水紀行」のうち「水暖簾」に着目した模様を、クレドールが持つ芸術性のもと、熟練の匠による高度な技で表現しました。

商品特徴

優美な伊万里鍋島焼ダイヤルに施された「水暖簾」のデザイン

 本作は、日本の代表的な磁器である伊万里鍋島焼の名門「畑萬陶苑」とのコラボレーションによるダイヤルを採用した新製品です。
17世紀、ヨーロッパの王侯貴族たちを魅了し、「金」に匹敵するほどの高値で取引されたことから「白き黄金」と呼ばれた伊万里焼。中でも伊万里鍋島焼は、「秘窯の里」と呼ばれる大川内山を拠点に育まれました。江戸時代に肥前佐賀藩鍋島侯の御用窯(※1)として、将軍家や諸大名に向けた献上品を門外不出の高度な技術によって製造していた歴史をもちます。畑萬陶苑は、その歴史と技術を背景に、伝統技術の担い手として昭和元年に創業した窯元です。

 ダイヤルを生み出す過程では、展覧会作品のような熟練の技による手の込んだ技法を盛り込んでいます。
 初めに、暖簾のように広がった滝の流れを表現するため、鍋島焼の伝統的手法「墨はじき」(※2)を用いて、ダイヤルの生地にグラデーションのかかった精緻なストライプ模様を描きだします。そこに透明な釉薬を重ね焼成を施した後、11か所の略字を立体的に描きます。さらに滝の水煙を表現する、金、プラチナ、パールホワイト、光彩の4色を順に上絵付し、それぞれの色に合った温度で焼きつけます。そのため、ダイヤルが完成するまでには10回以上の焼成を繰り返します。

また、裏ぶたには、畑萬陶苑が手がけた証として屋号が刻印されています。

KYOTO Leather®(京都レザー)(※3)のアリゲーターストラップを採用

 時計での初の試みとして、京都レザーが「墨流し染め」(※4)から着想を得て、銀色の粉末顔料を革の表面に定着させたミシシッピアリゲーターをストラップに採用しています。ダイヤルのデザインと響きあい、滝の風情を表現する世界観を強く印象付けます。

 腕元で存在感を放つ京都レザーのストラップに加え、付け替え用にシックな濃紺のストラップが付属した特別仕様です。

高級機械式時計にふさわしい極薄ムーブメント

 プラチナ製のケースには、雫石高級時計工房製(※5)の極薄手巻きムーブメント「キャリバー 6890」がおさめられています。厚さわずか1.98mmの薄さゆえに、ひとつひとつの部品の形状補正やアガキ(部品と部品の間に必要な隙間)調整には100分の1㎜単位の精度が求められ、熟練した時計師でも一日にわずか1個から2個しか組み立てられない、少量生産のムーブメントです。

<クレドール>は、日本人の感性と精緻を極めた技術により、豊かな個性を持つ高級ドレスウオッチのブランドとして1974年に誕生しました。フランス語で「黄金の頂き(CRÊTE Dʼ OR)」を意味するその名前に相応しく、ムーブメントから細かな部品のひとつひとつに至るまで、厳選された素材に名工の技術を注ぎ込み、その美しさと品質を守り続けています。
その中でも、「リネアルクス」は1985年にスタートしたデザインシリーズ「リネアクルバ」のデザイン特徴を現代的に解釈した人気のシリーズで、今年でリネアクルバが誕生してから35周年にあたります。

商品仕様

<クレドール>リネアルクス 伊万里鍋島焼ダイヤル限定モデル

品番

GBBY985

希望小売価格

4,950,000円(税込)
(税抜 4,500,000円)

ケース

プラチナ950

ストラップ・中留

京都レザー ミシシッピアリゲーター
付け替え用 クロコダイル(濃紺)・美錠(プラチナ950)

ダイヤル

伊万里鍋島焼(ホワイト)

販売数量

10本

国内取扱店

クレドールショップ

発売予定日

7月10日(金)

  • 【商品仕様】
  • ガラス素材:デュアルカーブサファイアガラス(内面無反射コーティング)
  • 裏ぶた:サファイアガラス(シースルーバック)
  • 防水性能:日常生活用防水
  • 耐磁性能:耐磁時計(JIS耐磁時計1種)
  • ケースサイズ:[外径]38.0㎜(りゅうず・突起部含まず)[厚さ]7.8㎜
  • アフターサービス:メーカー保証 保証期間2年間
  • 【ムーブメント仕様】
  • メカニカルムーブメント キャリバー6890
  • 巻上方式:手巻
  • 時間精度:日差+25~-15秒
  • パワーリザーブ:約37時間
  • 石数:22石
  • 振動数:21,600振動/時(6振動/秒)

(※1)御用窯
江戸時代に民間の窯で焼かれていた「伊万里焼(古伊万里)」とは別に、日本初の磁器を生み出した佐賀鍋島藩はその技法を門外不出とすべく、現在の伊万里市大川内山に藩直営の鍋島藩窯を築き、より高い品質と技法の維持に努めました。この藩窯での製造は、販売を目的とせず、将軍家や大名家、朝廷へ献上をすることを主な目的とし、莫大な費用と最高の技術で作られた焼きものが後世「鍋島」または「鍋島焼」と呼ばれるようになりました。
藩窯が消滅した明治時代以降も大川内山に残る多くの窯元によって「伊万里鍋島焼」としてその技術が継承されています。

(※2)墨はじき
江戸期から鍋島で使われている白抜きの技法。まず墨で文様を描き、その上に染付を施します。すると墨に入っている膠分が撥水剤の役目をし、墨で描いた部分が染付の絵具をはじきます。その後、窯で焼くと墨が焼き飛び白抜きの文様が現われます。

(※3)KYOTO Leather®(京都レザー)
京友禅・西陣織の伝統工芸職人と日本を代表する皮革産地・姫路のタンナー(製革業者)とのコラボレーションにより、世界に類を見ない日本独自のプレミアムレザーを生み出すクールジャパンプロジェクトです。

(※4)墨流し染め
水面に顔料を落として、その波紋の模様を紙や布に写しとる「墨流し」技法です。

(※5)雫石高級時計工房
2004年設立の、日本有数の高級機械式時計専門工房。部品製造から組み立てまでを一貫して行っています。

お客様からのお問い合わせ先
セイコーウオッチ(株)お客様相談室 0120-061-012(通話料無料)

セイコーウオッチ(株)の公式Webサイトアドレス
http://www.seikowatches.com

<クレドール>の公式Webサイトアドレス
http://www.credor.com

Share
  • Facebook
  • Twitter