GSTE881

 セイコーウオッチ株式会社(社長:服部 真二、本社:東京都港区)は、高級ウオッチブランド<クレドール> ノードJより、匠の技で日本の伝統文様「羽文」(はもん)をダイヤル上に大胆に表現した限定モデルを、希望小売価格1,575,000円(税抜き1,500,000円)で7月下旬に全国<クレドール>ノード取扱店で発売いたします。販売数は限定20本です。

 <クレドール> ノードJは、「宝石、貴重なもの」を意味する「JEWEL :ジュエル」の頭文字「J」をネーミングに添え、成熟した美しさを持つ40代、50代の女性に向けて2006年に誕生したジュエリー性の高い商品グループです。 今回の限定モデルのテーマは、昨年に引き続き「JAPAN BEAUTY (ジャパン・ビューティー)」です。日本の伝統文様「羽文」からインスピレーションを得てデザイン化した孔雀の羽の意匠を、熟練されたダイヤモンドセッティングと彫金に匠の技により、モダンに表現しました。大胆にデフォルメすることで現代性を際立たせた羽文の意匠は、幻想的なピーコックブルーカラーとともに、ノードJが提案する強さと洗練を持つ現代の美しい日本女性像そのものを表現しています。

商品の特徴

羽文と孔雀

ダイヤルのモチーフとなっている「羽文」は、清浄で汚塵に染まらないと考えられている鳥の羽を表した文様です。羽文の中でも孔雀の羽はその華やかさから、富貴や美しさの象徴とされ、美術・工芸の意匠として愛好されてきました。明治以降は、アールヌーボー(有機的な自由曲線の組み合わせ、鉄やガラスといった素材が特徴の19世紀末にヨーロッパで花開いた新しい装飾美術の傾向)の影響を受け、孔雀の羽文は染や銘仙柄、織り帯へと展開されました。一方で、その理屈抜きの美しさを持つエキゾチックな意匠は現代にも通じ、ジュエリーやドレスのモチーフとしても広く応用されています。

成熟した大人の女性を象徴するダイヤルのピーコックブルー

その色の名の通り、孔雀の羽は全体としては緑がかった青色(ピーコックブルー)ですが、実際は光線の状態や角度により様々に輝きを変えます。遊色効果と呼ばれるこの現象は、光が物質内部の結晶構造や粒子配列によって分光し、多色の乱反射が生じることで引き起こされ、オパールや真珠などの宝石類にも見られます。本限定モデルでは、深みのある幻想的な表情をみせるピーコックブルーを白蝶貝で表現しました。虹のように多彩な色を秘め、宝石にも似た孔雀の羽の輝きは、成熟した大人の女性の象徴なのです。

「信州 時の匠工房」によるダイヤモンドセッティングと彫金

60年以上にわたり受け継がれてきた精密加工技術に、鏨(たがね)による和彫りと洋刀による洋彫りを組み合わせた「信州 時の匠工房」(※)独自のダイヤモンドセッティングの技で、ケースとりゅうずのダイヤモンド43個に加え、29個のダイヤモンドをダイヤル上の構図に合わせて敷き詰めました。さらに彫金の技で「羽文」を表現力豊かに描き出し、繊細でありながら凛とした強い煌めきと存在感を放つ特別な仕様のダイヤルに仕上げました。

  • 信州 時の匠工房:長野県塩尻市 セイコーエプソン(株)塩尻事業所内に設置の高級腕時計工房です。  ムーブメント開発、組立、宝飾工房で構成され、セイコーの高級腕時計を設計開発から完成品まで一貫して製造しています。

アシンメトリーバランス(左右非対称)のブレスレットデザイン

日本の美意識から生まれた左右非対称のバランスで構成されたブレスレットデザインが、ダイヤルの伝統文様のモダンさをさらに引き立てています。中駒には28個のダイヤモンドがセッティングされています。

商 品

<クレドール> ノードJ 2011限定モデル(限定20本):2011年7月下旬発売予定

品番

GSTE881

希望小売価格

1,575,000円(税抜き1,500,000円)

ケース素材

ステンレススチールダイヤモンドつき(43個、りゅうず含む)

ダイヤル

白蝶貝(ピーコックブルー)彫金、ダイヤモンドつき(29個)

バンド素材

ステンレススチールダイヤモンドつき(28個)

【商品仕様】

・時間精度 平均月差±15秒(気温5℃~35℃において腕につけた場合)
・電池寿命 約2年
・防水性能 日常生活用防水(3気圧)
・耐磁性能 耐磁時計(JIS耐磁時計1種)
・ガラス素材 カーブサファイアガラス(無反射コーティングつき)
・ケースサイズ 〔ケース外径〕縦 24.4mm  横 28.2mm 〔厚さ〕6.9mm
・アフターサービス メーカー保証 保証期間2年間

【一般のお客様からのお問い合わせ先】
セイコーウオッチ(株) お客様相談室 0120-061-012

【<クレドール>の公式Webサイトアドレス】
http://www.credor.com

信州 時の匠工房の公式Webサイトアドレス
http://www.seiko-watch.co.jp/shinshu/

Share
  • Facebook
  • Twitter