セイコーウオッチ株式会社(社長:服部 真二、本社:東京都港区)が2008年に発売した<セイコー スピリット by パワーデザインプロジェクト>が、2009年4月22日から27日の6日間、イタリア・ミラノの「ミラノ・サローネ(※1)」で実施される「JAPAN DESIGN SELECTION 2009」で展示されることになりましたので、お知らせいたします。

※1 「ミラノ・サローネ」: 今回で第48回目となる世界的に有名な国際家具見本市と、同時期に開かれるインテリアなどいくつかの見本市やイベントの総称。2009年4月22日~27日、ミラノに隣接するロー市の新会場「フィエラ・ミラノ」をメイン会場に開催されます。

「JAPAN DESIGN SELECTION 2009」は、2006年、2008年の「ミラノ・サローネ」で日本産業デザイン振興会の主催により開催され、のべ3万人以上もの来場者を数えたジャパンデザイン展の続編にあたります。「ミラノ・サローネ」で数多くの国際的なエキシビション開催などで名高いミラノ・トリエンナーレの会場で実施され、今回は、国際的な日本企業による最新デザインの出展とともに、さまざまな製品領域においてすぐれたデザインを生み出している日本全国の企業によるプロダクト(製品)を多数出展し、「イノベーション」と「トラディション」という視点から日本のデザインを紹介します。

展示対象商品について

今回展示対象として選定された<セイコー スピリット by パワーデザインプロジェクト>は、セイコーのデザイナーによる創作活動「セイコー パワーデザインプロジェクト」(※2)において「スタンダード」というテーマから誕生し市販された3デザイン(6モデル)の商品です。全て、2008年度のグッドデザイン賞を受賞いたしました。

※2 「セイコー パワーデザインプロジェクト」: 2002年にスタートしたこの活動は、プロダクトデザイナー深澤直人氏のもと、セイコーウオッチ(株)、セイコーエプソン(株)、セイコークロック(株)所属のデザイナーが参加するワークショップです。毎年設定するテーマに沿って、さまざまな時計のデザインを提案し続けており、年々この活動に対する認知や期待が高まっています。これまで、「東京デザイナーズウィーク」をはじめ国内外での展示を重ねており、大きな反響を呼んできました。このプロジェクト活動そのものも、その価値が評価され、2008年度のグッドデザイン賞の対象となりました。

・球面をモチーフにしたモデル
ウオッチの基本造形である「球面」をモチーフとして随所に盛り込んだモデルです。
希望小売価格 各52,500円(税込み)

SBPB001

SBPB003

・円錐挽きをモチーフとしたモデル
丸いウオッチの合理的な製造技法である「円錐挽き」をモチーフとしてデザインされたモデルです。
希望小売価格 各47,250円(税込み)

SBPB005

SBPB007

・1970年代のスタンダードウオッチ「TypeⅡ」を現代風によみがえらせたモデル
機能を損なわないよう、潔いほどに装飾を排したデザインが1970年代のスタンダードウオッチとして人気を博した「TypeⅡ」を、時代を越えて現代風によみがえらせたモデルです。
希望小売価格 各42,000円(税込み)

SBPC001

SBPC003

「JAPAN DESIGN SELECTION 2009」開催概要

主催

財団法人日本産業デザイン振興会

会期

2009年4月22日(水)~27日(月) 10:30~22:00

プレスプレビュー 

4月21日(火) 11:00~19:00

オープニング 

4月22日(水) 19:00~24:00(トリエンナーレの主催による)

会場 

ミラノ・トリエンナーレ Galleria Architectture B + Corridoio B (La Triennale of Milano / Ground Floor Viale Alemagna, 6 20121 - Milano)

アクセス

地下鉄MM1 and MM2 / Cadorna - Triennal

【「JAPAN DESIGN SELECTION 2009」に関するお問い合わせ先】
財団法人 日本産業デザイン振興会
Tel 03-6743-3777
E-mail press@g-mark.org

【商品に関するお問い合わせ先】
セイコーウオッチ株式会社 お客様相談室 0120-061-012

Share
  • Facebook
  • Twitter