電波の受信方法


腕につけたままだと受信に失敗する・・・

受信中に動かすと電波が途中で途切れ、受信に失敗してしまいます。電波を受信するときは窓際などの電波が受信しやすい位置に置いて(静止させて)おきましょう。


自動受信のポイント

標準電波は、ほぼ24時間常に発信されていますが、電波時計は1日中電波を受信しているわけではありません。

1日に1回、電波状態が良くなる深夜に自動受信をする設定になっています。

就寝前に窓際などの電波が受信しやすい場所に置いておくのが理想的な受信方法

  • 標準電波が受信しやすいとされる深夜の時間帯(午前 2 時頃)に自動的に受信します。ただし、受信に失敗した場合はその後も午前 4 時頃まで受信を試みます。受信に成功した時点で自動受信を終了します。
  • 自動受信の時間帯は、時計を受信しやすい場所(窓際など)に置いてください。
  • 地図を参考に、近い送信所のある方向にアンテナ部(取扱説明書を参照)を向けるとより良い受信環境になります。
  • CPU で時刻コードから時刻情報を解析します。
  • 安定した受信をするために、受信中(2分~10数分)は、時計を動かさないでください。

  • 自動受信中は、秒針が0秒位置に止まります。
  • 自動受信ができない場合は、受信場所を変更するか、時差設定されていないか確認してください。
  • 詳細については、取扱説明書をご参照ください。
    取扱説明書ダウンロード

電波時計はテレビやラジオと同様に電波を受信するものです。受信の際は、できるだけ電波を受けやすい窓際などに置き、電波ノイズを発生させるものの近くは避けてください。