裏ぶたと本体との隙間に汗や汚れが溜まるとさびが発生しやすくなります。このさびは、防水性能を低下させる原因となり、時計の寿命を縮めることになります。

お手入れのポイント

時計の裏ぶたやバンドは肌着類と同様に直接肌に接しているので汗や汚れが付着します。水分や汗、汚れを乾いた柔らかい布で拭き取ってください。特に裏ぶた周りは汚れが滞留しやすいので、柔らかな乾いたナイロンブラシなどを使って汚れをかき出し、柔らかい布で拭き取るようにしてください。

  • 水につけたり洗剤を使用すると、防水性能を低下させてしまう危険性がありますのでご注意ください。
  • 化学薬品(特にベンジン、シンナー、アルコール、洗剤等の有機溶剤)で洗うと化学変化で時計が劣化することがありますのでご注意ください。

りゅうず・ボタンのさびつきを防ぐ

りゅうずのさびつきを防止するために、時々りゅうずを引かずに空回ししてください。ねじロック式りゅうずの場合は、ロックを外し、りゅうずを引かずに空回ししてください。特にクオーツ時計では、りゅうずを操作する機会が少なく、いざ使おうとしたときに固着していたという場合があります。
ボタンは、時々押す操作を心がけ、汚れが溜まらないようにしてください。

  • 回転ベゼルは、ベゼルの下に汚れなどが溜まり機能を損なう場合がありますので清潔にしてご使用ください。時々回転ベゼルを空回ししてください。

さびが発生する理由

ステンレススチールの成分は鉄・クロム、ニッケルなどですが、この中のクロムが空気などに触れると、ステンレススチールの表面に極めて薄い被膜 (酸化被膜または不動被膜という) をつくり、これがさびの発生を防いでいます。しかし、汗や汚れなどによって酸素の供給が遮断されると、酸化被膜が壊れ、さびを招きます。本来、さびにくいステンレススチールがさびるのはこのためです。

きれいなステンレススチール

汚れたステンレススチール

スーパークリア コーティングガラスのお手入れ

スーパークリア コーティングは、ガラスの表面に防汚膜(撥水膜)を付加してありますので、汚れがつきにくくなっています。これらの効果を持続させるためのお手入れ方法ご紹介します。

眼鏡拭きのような柔らかい布で拭いてください。汚れがひどい場合は、中性洗剤(酸性・アルカリ性の洗剤はおやめください)を薄めた液を布に含ませて優しく拭き取ってください。そのあと水を含ませた布で洗剤が残らないように拭き取り、乾いた布で仕上げ拭きをしてください。水に濡れたままにしておきますと、コーティング表面にシミなどが残って取れなくなったり、コーティングの特性が劣化する原因となります。