磁気製品から離そう


磁気の影響を受けないようにするには?

磁気を発生する製品から 5~10cm 以上離しておけば、ほとんど影響を受けなくなります。 


5~10cm 以上離しましょう

磁界の強さは、距離の二乗に反比例します。
磁気を発生する製品から、耐磁時計JIS 1種以上の時計は5cm以上、非耐磁の時計は10cm以上離しておけば、磁気の影響をほとんど受けなくなります。

磁界の強さ

身の回りにある製品の磁界の強さは以下のとおりです。

磁気を発する製品 ※

磁界の強さ

密着状態

5cm離れた状態

10cm離れた状態

単位:A/m

単位:A/m

単位:A/m

直流

スマートフォン 
スピーカー部

~16,000

~400

0

携帯電話
スピーカー部

~22,400

~1,600

~240

携帯ラジオ
スピーカー部

~16,000

~400

~60

携帯オーディオ
機器

~12,000

0

0

タブレット端末

~32,000

0

0

ノートPC
スピーカー部

~8,000

0

0

磁気健康敷布団

~40,000

0

0

磁気健康腹巻

~44,000

0

0

磁気健康枕

~48,000

0

0

磁気ネックレス

~96,000

0

0

肩こり用磁気製品

~144,000

0

0

家具のドア・
マグネット部

~64,000

~1,200

~180

バッグ留め金
(マグネット部)

~72,000

0

0

交流

交流式電気
かみそり

~10,400

~800

~120

  • 製品毎の磁界の強さには個体差があります。

耐磁性の分類と耐磁表示

磁気の影響に耐えられる性能を備えた時計を耐磁時計といい、耐磁性保証水準は以下の通りです。

JIS
耐磁時計
種類

裏ぶた表示

耐磁性保証水準

お取り扱い方法

直流磁界

交流磁界
参考値

-

表示なし

1,600 A/m

400 A/m

磁気製品より 10cm 以上遠ざける必要があります

1種

JIS水準1種

4,800 A/m

1,600 A/m

磁気製品より 5cm 以上遠ざける必要があります

2種

JIS水準2種

16,000 A/m

4,800 A/m

磁気製品より 1cm 以上遠ざける必要があります

A/m(アンペアパーメーター)は磁界の強さを表す国際単位(SI単位)です。

JIS水準1種

JIS水準2種

磁気によって時刻のずれが生じたと思われる場合

1. アナログクオーツ時計、スプリングドライブ
故障ではありませんので、磁気から遠ざければ、時計は正常に運針します。時刻を修正してご使用ください。

2. メカニカル(機械式時計)
機械式時計は一度磁気の影響を受けると、磁気から遠ざけてもムーブメント内部(てんぷ)に影響を受け磁気が残り、後々まで精度に影響を及ぼします。この場合は、脱磁が必要ですので、修理にお出しください。

3. デジタルクオーツ時計
デジタルクオーツ時計には、モーターや歯車などがないため、磁気の影響を受けません。