ご使用上の注意事項


ダイバーズウオッチを着用してダイビングをする時に注意することは?

ダイビング中に時計が止まったり、時計内に水が入ったりしないようにダイビング前に時計の状態を確認してください。


ダイバーズウオッチご使用上の注意事項

警告

ダイバーズウオッチおよびダイビングコンピュータを使用しての潜水の際は、取扱説明書で指示された操作以外は絶対にしないでください。誤った使い方をされ、表示内容の正しい理解を怠ると、死亡事故または重症事故につながる可能性があります。
→取扱説明書の確認はこちらから

警告

ダイバーズウオッチおよびダイビングコンピュータは主に時間経過を表示する補助計器であり、使用者の安全を保障するものではありません。安全のためダイビング用に必要とされる機器(残圧計、水深計等)を併用することが必要です。

警告

空気潜水用のダイバーズウオッチもしくはダイビングコンピュータについては、ヘリウムガスを使用する「飽和潜水」には絶対に使用しないでください。

警告

スキューバダイビングまたは、飽和潜水の正しい訓練を受け、安全な潜水に必要不可欠な経験と技術を有し、製品の操作と取扱いを完全にマスターし、毎回の潜水前に製品をすべて点検してください。

注意

潜水でのご使用の前に、次の項目を点検してください。

  • 時計が正常に作動しているか
  • 電池やぜんまいの残量は十分か
  • 回転ベゼルの回り具合は良好か(ゆるすぎたり、きつすぎたりしないか)
  • りゅうず等のねじをしっかりしめてあるか
  • バンドとガラスに傷、ひび等の異常がないか
  • バンドの固定は確実か(ばね棒、とめ金、その他)
  • これらに異常が認められる場合は、ダイビングには使用しないでください。

ダイビングコンピュータについては、以下の点についても点検してください。

  • 電池寿命切れ予告マークが点灯していないか
  • 表示全体が点滅していないか
  • 高度ランクが点滅していないか
  • 体内窒素バーグラフが9個点灯していないか
  • これらに異常が認められる場合も、ダイビングには使用しないでください。

機種別の電池・ぜんまい残量確認ポイント

電池式、ソーラー、キネティックのアナログ時計

  • 秒針が2秒ごとの運針になっていないか。

デジタル時計

  • 表示全体が点滅していないか。

メカニカルウオッチ

  • 潜水前にりゅうずを回してぜんまいを巻き上げてください。

スプリングドライブ

  • パワーリザーブ表示は十分残っているか。
    残量が少ない場合は、りゅうずを回してぜんまいを巻き上げてください。

潜水中の注意事項

岩などの硬いものにはぶつけないように注意してください。
水中でりゅうずのねじロックをゆるめないでください。
回転ベゼルは水中ではやや回転がきつくなることがありますが、異常ではありません。