さび(ステンレス) | バンド | パッキン | 機械体部品 | 


購入してからだいぶ経つが最近調子が悪い…

時計内部の油が切れていたり、機械体部品が劣化している可能性があります。分解掃除(オーバーホール)を依頼することをおすすめします。


機械体部品の劣化

遅れたり止まったりする…

時計内部の機械体部品が劣化すると、本来の精度を保てなくなったり、すぐに止まってしまったりします。
(劣化した機械体部品)

  • 長年の使用で油(潤滑油)が劣化したり減ったりすると、機械体部品の磨耗も激しくなります。
  • パッキンの劣化などの影響で内部に水や汚れが侵入すると、さびが生じたり、油が固まったりします。
  • 落としたりぶつけたり強い衝撃を与えた場合、機械体部品も変形する可能性があります。

分解掃除を行う理由

快適にお使いいただくためには、定期的に分解掃除(オーバーホール)を依頼し、汚れた機械体部品の洗浄、磨耗した機械体部品の交換、注油を行うことが有効です。

車にオイル交換が必要なように、時計にも注油が必要

油には部品の防さび、円滑稼動、磨耗防止などの役割があり、時計の性能・機能を正常に保つためにも注油は欠かせません。

年数を経過すると油は劣化したり減ったりして、時計の「遅れ」や「止まり」の原因ともなります。

詳細については以下のページをご覧ください。

分解掃除(オーバーホール)が必要な理由

新しい潤滑油

劣化した潤滑油