さび(ステンレス) | バンド | パッキン | 機械体部品 | 


お店でパッキンの交換をすすめられたが時計のパッキンとはどんなもの?

パッキンは時計の防水性能を保つために重要な部品です。


パッキンの劣化

防水時計なのにくもりが発生している…

パッキンが劣化すると時計の防水性能が保てなくなり、内部に湿気や水分、汚れが侵入します。

さび付きや、動作不良、故障の原因にもなります。

日ごろから気をつけましょう

入浴中ははずす
蒸気や石鹸、温泉などの成分が金属を変色・腐食させたりパッキンの劣化を早める可能性があります。
防水時計であっても入浴やサウナの際ははずしましょう。

濡れたままにしない
水や汗が付着した場合は乾いた布でふき取ってください。海水につけた場合は、必ず真水で洗ってからふき取ってください。


パッキンの役割

パッキンは、防水性、部品の固定、りゅうずやボタンの操作性などを保つため部品と部品との隙間にセットされるゴム製およびプラスチック製の部品です。

使用しているうちに温度や湿気、汚れの影響で弾力性が失われると、パッキンは本来の機能(防水性、部品の固定)を果たさなくなってしまいます。

電池交換や修理の際にはパッキン交換を依頼しましょう

劣化したパッキン

水道の蛇口をしっかり閉めても、ポタポタと水が垂れるのは蛇口のパッキンが劣化しているためです。時計も同様にパッキンが劣化していると、水の浸入を防げません。

電池交換や修理の際にはパッキン交換を依頼しましょう。

りゅうずのさび付きを防止し、パッキンの滑らかさを保つために、時々りゅうずを空回ししてください。