さび(ステンレス) | バンド | パッキン | 機械体部品 | 


ステンレスのバンドでもさびることがあるの?

バンドの隙間に溜まった汗や汚れによってさびることがあります。こまめにお手入れをして常に清潔に保つようにしましょう。


さびが時計に及ぼす影響

バンドや時計本体のさび

バンドがさびた…
さびにくいステンレス・スチール製のバンドでも、バンドの隙間に溜まった汗や汚れによってさびることがあります。汗をかいたときに汚れやさびが染み出し衣類の袖口を黄色く汚す原因にもなります。

ボタンやりゅうずが動かない…
隙間に汗や汚れが溜まり込みさびが発生すると、ボタンやりゅうずが操作しづらくなったり、動かなくなったりします。その場合は、修理が必要になります。

  • りゅうずのさび付きを防止し、パッキンの滑らかさを保つために、時々りゅうずを空回ししてください。

時計本体もさびる?
裏ぶたと本体との隙間に汗や汚れが溜まり込んだまま放置しておくとさびが発生する場合があります。


日ごろから気をつけましょう

汗や水が付着したまま放置すると、りゅうず部分や裏ぶた周辺が腐食します。

また、時計のケース、バンドはつねに肌と接し、汗やほこりにさらされています。汚れたままにしておくと、さびや汚れで衣類の袖口を汚したり、お肌のかぶれの原因になることがあります。

いつも肌に密着している時計だから清潔に!

超音波洗浄

水分や汚れが付着したときは、乾いた布などで水気を吸い取るように拭きとってください。特に海水に浸けた後は、必ず真水でよく洗ってからふき取ってください。

金属バンドの隙間に溜まり込んだ汚れや汗は拭き取りづらいので、汚れがひどい場合は専用の機材を使用した超音波による洗浄が必要になります。

お買い上げ店またはセイコーウオッチお客様相談窓口にご相談ください。

ケース・バンドのお手入れ


さびが発生する理由

ステンレス・スチール(Stainless Steel)の成分は鉄・クロム、ニッケルなどですが、この中のクロムが空気などに触れると、ステンレス・スチールの表面に極めて薄い被膜 (酸化被膜または不動被膜といいます) をつくり、これがさびの発生を防いでいます。

しかし、汗や汚れなどによって酸素の供給が遮断されると、酸化被膜が壊れ、さびを招くことになります。本来、さびにくいステンレスがさびるのはこのためです。

きれいなステンレス・スチール

汚れたステンレス・スチール