時計と電池

時計と電池 | 電池交換を依頼する前に


寿命が切れた電池をそのままにしておいても大丈夫?

時計に悪い影響を与える恐れがありますので、なるべく早く新しい電池と交換しましょう。

電池交換はお早めに 

寿命切れ電池を時計に入れたまま放置しておくと、電池が膨らんだり漏液したりして、時計に悪い影響を与える恐れがあります。なるべく早く新しい電池と交換することをおすすめします。

  • りゅうずを引き出して針を止めても電池の消耗はあまり変わりません。引き出したままにすると誤って曲げてしまったり、内部に水や汚れが浸入する危険があります。

・電池寿命が切れた場合、保証期間内であっても電池交換は有料となります。
・お買い上げの時計にあらかじめ組み込まれている電池は、機能・性能をみるためのモニター用電池です。
・お買い上げ後、仕様の年数に満たないうちに電池寿命が切れることがあります。

電池寿命切れ予告機能 

秒針が2秒運針している(1秒とびで動いている)
突然時計が止まって困ることのないように時計によっては、「電池寿命切れ予告機能」がついています。電池寿命切れ予告がはじまると1日~数日以内で時計が止まってしまいます。電池寿命切れ予告が働いている間でも時計は正確に動いていますが、お早めにお買い上げ店に電池交換をご依頼ください。

アナログクオーツ
秒針が2秒運針をしている

デジタルクオーツ
表示全体が点滅している

電池の寿命 

電池の寿命は種類によって違う
クオーツ時計の小型電池には、サイズや寿命などが違うさまざまな種類があり、時計の機種により使われる電池も異なります。電池の寿命も、時計の機種と組み込まれる電池によって約1年~10年とさまざまです。

電池交換の際には、セイコー純正電池への交換をおすすめします。同じJISコードの電池でも、セイコーの時計に要求される性能を満たすかどうか、独自に品質確認したものを使用しているからです。

乳幼児の手の届くところに時計の電池を置かないで 

電池を乳幼児が飲み込んでしまうおそれがあります。万が一飲み込んだ場合には、身体に害があるため、ただちに医師にご相談ください。詳しくは日本時計協会ホームページをご参照ください。
http://www.jcwa.or.jp/support/qa/qa-2-13.html

電池を時計から取り出さないで 

電池の交換には専門知識・技能が必要ですので、お買い上げ店にご依頼ください。電池は充電しないでください。ショート、分解、加熱、火に入れるなどしないでください。破裂・発熱・液漏れ・破損などの恐れがあります。