• Seiko Presage Prestige Line 有田焼ダイヤルモデルSeiko Presage Prestige Line 有田焼ダイヤルモデル
  • Seiko Presage Prestige Line 有田焼ダイヤルモデルSeiko Presage Prestige Line 有田焼ダイヤルモデル
Seiko Presage Prestige Line 有田焼ダイヤルモデル

Arita porcelain有田焼

~琺瑯・漆・七宝に次ぐ新たな匠の技~
ダイヤルに400年を超える歴史を持つ
有田焼を採用したメカニカルモデル

有田焼は日本初の磁器として1616年に生まれました。それ以来、有田焼の職人技は400年にわたり受け継がれ、その独自の芸術性は多くの人を魅了しています。
本作では、そんな歴史ある有田焼の磁器を、プレザージュ プレステージラインモデルのダイヤルに採用しました。

Seiko Presage Prestige Line 有田焼ダイヤルモデルSeiko Presage Prestige Line 有田焼ダイヤルモデル

Porcelain磁器

有田焼によって生み出される印象的な
色彩と立体的な形状の磁器ダイヤル

初期の有田焼に用いられていた柞灰(いすばい)釉の淡く青みがかった白を再現。磁器の厚みを活かしたダイヤル上面の大きなカーブ、多針モデルにおいてはサブダイヤルに柔らかな窪みを与えることで、磁器特有の優美な表情を実現しています。
また、磁器の魅力とダイヤルとしての強度を両立させる、という難しい命題を、従来の4倍以上の強度を持つ、新たに開発された高強度の磁器素材を用いることで解決しています。

Seiko Presage Prestige Line 有田焼ダイヤルモデルSeiko Presage Prestige Line 有田焼ダイヤルモデル

Japanese craftsmanshipSeiko’s traditional watchmaking skills

新素材による本作のダイヤルは、180年以上続く老舗、「しん窯」に所属する
陶工 橋口博之(はしぐち ひろゆき)氏監修のもと製作されています。

有田焼 陶工 橋口 博之氏有田焼 陶工 橋口 博之氏
有田焼 陶工 橋口 博之氏Hiroyuki Hashiguchi

1983年に「しん窯」入社後、丁寧で精緻な技と洗練された染付を習得し、九州山口陶磁展 通産大臣賞受賞をはじめとする数々の賞を受賞しました。1996 年に伊万里・有田焼下絵付伝統工芸士に認定されました。その後「しん窯」の「青花」を発展させたブランド「青花 匠」を立ち上げ、より洗練されたデザインと絵付けの技術が、高い評価を受けています。

工程概要

Design意匠

国産初の腕時計「ローレル」をオマージュ

12時のインデックスは国産初の腕時計「ローレル」の意匠を取り入れた印象的な赤に。そして、有田焼と調和した青のインデックスが、柔らかいカーブを持つ重厚な磁器の上で輝きを放っています。

Seiko Presage Prestige Line 有田焼ダイヤルモデル
プロモーション動画プロモーション動画再生

Line up