Craftsmanship

Made in Japanの品質

組立

日本が誇る技術

100年を超える腕時計づくりの伝統を継承し、真摯に時計づくりと向き合い技術や技能を高めてきたセイコーが生み出しています。

検 査

厳格な検査

防水やクロノグラフなどの機能、外観、精度、ごみ、けばの混入や針回し具合などを検査し、基準を満たしたものだけを厳選しています。

ザラツ研磨

ザラツ研磨仕上げの美しいケース曲面

ケース曲面には、歪みのない鏡面を実現するザラツ研磨仕上げを施し、カーブの美しさを際立たせます。

琺 瑯

色褪せない「ほうろう」ダイヤル

国産初の腕時計「ローレル」にも使われたほうろうダイヤルを採用。独特の柔らかい光沢から感じる、温かみのあるほうろうの質感により、美しい色合いを保ち続ける腕時計の表情は、持つ人の目を楽しませ続けます。


革新的な製造手法と匠の技の融合

金属と漆を直接結びつける革新的な製造手法と、平滑面を生み出す古来伝承の技を組み合わせて仕上げるダイヤルは、多くの漆器職人が携わり、何十回も塗りと研ぎを繰り返すことにより実現しています。ダイヤルに塗る漆は美しい光沢をたたえつつも、針の動きを邪魔しない厚みに仕上げる必要があり高度な技術が必要とされます。